医薬品の分類

医療技術の向上によって以前よりも身近な存在となったのが医薬品です。
かつての薬は粉状のものが一般的で、苦みも強いものが多かったため、飲みにくいと感じた方も多かったでしょう。
しかし、現在では錠剤タイプが普及し、気軽に服用することができるようになりました。
また、近年ではジェネリック医薬品が誕生し、安価で薬を購入することができます。
保険が適用されるとはいえ、購入にはそれなりの金額がかかりますし、人によっては毎日薬を服用しなくてはならないこともあるので、ジェネリック医薬品を重宝しているという方も多いでしょう。

このように、医薬品を手にする機会は昔よりも増えています。
ただ、医薬品にもいくつか種類があるということをご存知の方は少ないでしょう。
特に知っておくべきなのが、一般用医薬品と医療用医薬品の違いです。
一般用医薬品は、薬局などで売られている市販の薬になります。
薬事法の改正に伴い、これらの医薬品はスーパーやコンビニ等でも売られるようになったので、利用している方も多いでしょう。
一方、医療用医薬品とは病院などで処方される薬のことです。
医療用医薬品の購入には医師の処方箋が必要であり、一般の薬局等では販売されておりません。
そして、薬の効き目にも差があります。
一般的に効き目の強い薬が欲しいと多くの方は考えますが、強い薬は副作用の可能性も高くなるので注意が必要です。

以上のように、一般用医薬品と医療用医薬品には違いがあります。
どちらも利用する機会が多いだけに、しっかりと理解しておきたいところです。
そこでこのサイトでは、これらの医薬品の違いについて紹介します。



〔管理人推奨リンク〕
EDの治療に使われる医薬品のバイアグラについて解説しているサイトです ・・・> バイアグラ