生活習慣病と成人病はどういう関係でしょうか?

厚生労働省によりますと、生活習慣病は、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」と認識されています。

基本的には、高血圧、糖尿病、脂質異常症など、成人病と呼ばれていた主に中年期以降に発症するありふれた疾患群です。

「成人病」では、年をとるにつれて病気になりやすいですが、修正可能な悪い生活習慣が大きな要因であることを認識して、改善することが、発症予防につながると強調したかったようです。

生活習慣病

定義からすると、生活習慣だけが原因みたいです。日常会話でも「体質」という言葉を使うように、

私たちは病気のなりやすさには遺伝子の影響があることに注意しています。

たとえば「うちは糖尿病の体質なので、太らないように気をつけなければいけない」などです。

食事や運動など生活習慣を見直し、治療に前向きに取り組むことで、これらの恐ろしい疾患の予防に努めることが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です