生活習慣病と成人病はどういう関係でしょうか?

厚生労働省によりますと、生活習慣病は、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」と認識されています。 基本的には、高血圧、糖尿病、脂質異常症など、成人病と呼ばれていた主に中年期以降に発症するありふれた疾患群です。 「成

もっと読む