「ゆらぎ」がある音楽、自然の音に含まれる不規則性の音楽が人の心を落ち着かせよう!

 高周波音だけではなく、「ゆらぎ」があることが重要 音の高さは、脊髄の位置に対応し、高周波音ほど頭頂に近い位置に反響することは前ご紹介しました。 そのため、高周波音が多いモーツァルトの曲は、視床下部や延髄に反響し、副交感神経のはたらきを活発にする効果があると考

もっと読む

汗や皮脂腺、消化酵素、消化液が身体を守るバリアになる?

免疫力は、大きく分けて身体の表面ではたらくものと体内ではたらくものの2種類あります。 身体の表面で構築される免疫力は、身体の外側、つまり、体表と消化管ではたらいている免疫力のことを指します。 消化管は、体内にあるのでは?と思われるかもしれません。しかし、消化管

もっと読む

音楽療法音が直接、脳に刺激を与える?⇒不調を改善する音楽療法

音楽療法は、欧米では60年以上の歴史があります。西洋医学でも、技術もできない、薬も効かないような状態、つまり、限界があります。 そんな時、欧米では、温熱療法、絵画療法、アロマセラピーといった代替療法を行っています。その代替療法の一つが音楽療法です。 ここで注意

もっと読む

自律神経のバランスが崩れることが不調の原因?本当にそうでしょうか?

自律神経のバランスが崩れることが不調の原因に 不調の原因には、さまざまなことが考えられます。 その一つとして加齢が挙げられますが、ほかにも睡眠不足、過労、環境汚染などによる肉体的ストレス、また、不安・悲しみなどのマイナス感情による精神的ストレスも原因となります

もっと読む